日々の気になる出来事をクリップ

DAYS CLIP

ライフ

もちとろ生スイートポテト「レビュー速報」

投稿日:

当記事のご案内

セブンイレブンの新商品の紹介とレビューをまとめています。
購入する際のお役に立てればと思います。

もちとろ生スイートポテト

メモ

価格 : 100円(税込108円)

販売地域:全国

発売日:2018年9月25日

260kcal

とろけるようなもち生地で、スイートポテトを包んだ洋風大福です。さつまいもにホイップクリーム、バターを加え、さつまいもの味わいとコクを感じられるなめらかな生食感のクリームに仕上げました。
(セブンイレブン公式サイトより引用)



Twitterレビュー

 

その他のレビュー

セブンイレブンの、もちとろ生スイートポテトがめちゃくちゃおいしい………
3個くらい平気で食べられちゃう
ああ……甘いモノ絶ちしようと思ってたのに

もちとろ生スイートポテト食べました!ん〜ちょっと期待外れかな(´•ω•`)餅が厚すぎる…?

発売を楽しみにしてたもちとろの生スイートポテト
大福系はやっぱりもちとろが1番美味しい

セブン新商品「もちとろ生スイートポテト」がもちもちでとろとろで期待を裏切らない美味しさ♡芋好き必見

 

参考評価

 

薩摩芋の豆知識

さつまいもの原産地は、メキシコ南部を中心とする中米から南米北部と一般的に言われています。
ヨーロッパへは、コロンブスが15世紀の終わりにアメリカから持ちかえったのが始まりです。
東南アジアへはスペイン人やポルトガル人が持ちこんで、その後中国へと広がったとされています。

1600年ごろ、中国から日本にやってきました。琉球から薩摩に伝わったので、サツマイモとよばれています

八代将軍吉宗のころに、蘭学者の青木昆陽によって全国に広められました。
この頃の日本は当然コメが主食でしたが、日照りによる飢饉がよく発生していました。
有名なのは「享保の大飢饉」があります。

そこで、青木昆陽は米に代わる主用作物を探している中で目をつけたのが「薩摩芋」でした。
薩摩から取り寄せた芋なので、「薩摩芋」として全国に広がることになりました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで

-ライフ

Copyright© DAYS CLIP , 2018 All Rights Reserved.