日々の気になる出来事をリポート

hontobako

ビューティ

美尻を手に入れるためのスキンケア、お尻のニキビ、黒ずみの原因

更新日:

お尻ニキビ

気が付いたらいつの間にかお尻にニキビができて、黒ずんでいるそんな経験はありませんか。
女性の魅力を表現する部位として、今「美尻」に対しての意識が急速に高まっています。

せっかくお尻の形がきれいでもお尻が汚いと「清潔感」がない「だらしない」と思われてしまいます。

お尻のニキビやぶつぶつはどうしてできるのでしょうか。
つるっとしたさわり心地の良いお尻はどうしたら手に入れることが出来るのでしょうか。
気になる原因と対処法を知っておきましょう。


美尻の大敵、ニキビが発生する原因

ニキビができる原因は毛穴に皮脂や古い角質が排出されずに詰まり、炎症することで起きます。
ニキビは皮脂腺が多く集まっている顔、胸、背中に多く見られますがお尻にもできます。
お尻は皮脂や汗の分泌が思っている以上に多く、またニキビができやすい以下のような環境にお尻がさらされているからです。

お尻の環境は過酷

ポイント

常に衣服を付けているため蒸れやすい場所になっている

下着や衣服で常に摩擦による刺激をを受けている

椅子に座ったりするため血行不良になりやすい

お尻は常に下着の摩擦を受けているので角質が厚くなりその結果、毛穴が詰まりニキビが発生しやすくなります。

長時間座ったりすることで血行が悪くなると、”新陳代謝”が悪い状態になることで肌のターンオーバーが乱れトラブルを招きます。

お尻のトラブル、ニキビの種類

美尻

白ニキビ、黒ニキビ

白っぽい膨らみがあれば白ニキビ、黒ずんでいれば黒ニキビ、白ニキビや黒ニキビは、ニキビの中でも比較的初期段階のニキビです。

この時点での最適な対処法としては、毛穴の詰まりを取り除くことが大切になります。
白ニキビと黒ニキビの共通点は、毛穴に皮脂などの汚れが詰まっているという点です。

この時点での解消法は石けんやローションを使ったピーリングが有効です。

赤ニキビ

ニキビが炎症を起こしてしまうと赤ニキビとなります。

赤ニキビは症状が進行した状態です。赤くはれあがって痛みやかゆみがあったり、悪化すれば化膿することもあります。

このような場合は間違ったケアをするとさらに悪化して重症化する恐れがありますのでお医者さんに診てもらうこととをお勧めします。

まずはできるだけお尻ニキビを作らないように心がけましょう。

ニキビのあとにできる黒ずみは何?

ご承知のように、肌は刺激を受けるとその部分を守ろうとしてメラミン色素を生成していきます。
メラミン色素が生成されると色素沈着が起こり黒くなります。
メラミン色素は紫外線だけではなくニキビなどの炎症でも起こります。

おしりは下着や衣服などに常に触れている環境にありますが、それは常に摩擦刺激にさらされている状態と言ってもいいでしょう。
刺激が重なれば当然それが肌へのダメージとなり、メラニンが生成され、黒ずみへと変わるのです。

お尻のトラブル予防

おしりニキビができないように、環境をよくすることが大切です。

例えば、以下のような工夫をしてみてはいかがでしょうか。

ポイント

下着などの肌に触れる素材は綿素材などの刺激の弱い生地を選び、できるだけ締め付け過ぎない下着で、綿100%など通気性が良い下着を選ぶようにしましょう。

長時間座らなければいけないときには、クッションなどで圧迫を和らげる
硬い床や椅子はお尻にかかる体重や摩擦による負担が大きいため、お尻ニキビの原因になります。
クッションを使用するなどして少しでもお尻へのダメージを軽減させましょう。

以上のようなちょっとした工夫でも、おしりのトラブルを防止するのに役立ちます。

お風呂での注意点は、シャンプーや石鹸が十分に洗い流されずにお尻についてしまっているとニキビにつながる可能性があります。
しっかりと背中、お尻まで洗い流すように気をつけましょう。

美尻には保湿が欠かせない

美尻

予防を兼ねたお尻ケアとしては保湿が大切です。
乾燥がお尻のガサガサや黒ずみの原因になります。
お尻は蒸れやすいところですが、

蒸れてるのに、なぜ乾燥するのでしょう?

蒸れた状態が続くと肌の水分の蒸発を防ぐ役割を果たしている機能が衰えてしまうからです。
そこで重要になってくるのは、やはり保湿ケアです。

顔に使用している化粧水や乳液でも効果はありますが、お尻は角質層が厚いので、浸透がイマイチかもしれません。
お尻のケアには、保湿力の高いクリームを選ぶようにしましょう。

コラーゲンなどが配合されたお尻ケア専用の浸透力に優れた専用クリームを使うのもおすすめです。

お風呂から上がってすぐ、まだお肌が柔らかく潤いが残っている間に、お風呂上がりに気になる箇所にすばやく塗り込みましょう。
この時、決してゴシゴシ擦らず、優しく撫でるようにマッサージしてあげてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで

-ビューティ

Copyright© hontobako , 2019 All Rights Reserved.